2014年01月の記事は見つかりませんでした。

投稿画像

続きを読む

大寒の日(1月20日)に産まれたたまごは、昔から「食べると健康に暮らせる」といわれ、「寒たまご」として珍重されていました。寒さのため鶏の産卵数が減り、その分たまごの滋養分がたっぷりになるそうです。また大寒から5日間は、中国では「鶏始乳」と呼ばれ、鶏がたまごを抱き始める時期とされています。寒たまごには「生気に満ちあふれた縁起物」という面もあるそうです。風水の世界では、「寒たまごを食べると金運が上昇す...