Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://510k2.blog55.fc2.com/tb.php/223-bf9b2b9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

3.11 忘れてはいけない

昨日 3月11日は東日本大震災から5年を迎えた日

テレビや新聞などで

まだまだ復興が進んでいない町並みが

映しだされていました

「天司朗」の大将から3月11日一緒に献杯しましょうと

お誘い頂きました

DSC_0062.jpg

DSC_0060_20160312151648e8b.jpg

ゴールデンスランバ

ラベルの裏にはこんな事が書かれていました

「 まどろみの夢の中 」

ある日の午後、いつの間にかうたた寝をしていた少女

故郷の夢を見る

その夢の中で懐かしく輝かしい故郷の

地に立っていた

その風景を見る少女の

目には涙が溢れていた

眠りから覚めた少女の目にも涙が

少女がまどろんで見る夢は

哀しい夢ではない



復興とは程遠い状況でありながら

あの大震災が年々他人事のようになり

忘れられていくのではないのか?

との思いと、過去を生きてきた自分を

肯定しながら、これから未来に向け

一生懸命に生きることの思いを

伝えるためには、黙とうを献杯に

変えたい、それも献杯の酒があっても

いいのではないかとの思いで

今回の献杯酒の発案を致しました

震災被害に遭われた方

復興にお力を注入されている方

被災地に想いを寄り添って頂けている方など

できるだけ多くの方々と

この献杯酒で想いを共有し

明日への力水になることを願いました

この酒を通し多くの皆様に語らいの場と限りない

温もりを繋ぐことができれば幸いに存じます

3.11献杯酒 ゴールデンスランバ
発案者 川崎 力


このお酒を造られた川崎さんの想いが綴られていました

「天司朗」の女将さんは

福島出身の方で

沢山の身近な方が被災され

命を落とされ

1日でも早い復興と

けして忘れてはならない

との想いで故郷を見守っている一人です

当時のあの

津波が押し寄せてくる映像が

私の中でも衝撃的で今でも目にやき付いています

他人事ではない自然の猛威に

いつ自分が と思い

復興に対して直接的にかかわる事が

ない自分が 自分に出来ることを

改めて考えされられました

5年経ても心に沢山の悲しみを抱いている方々に

ただただ祈りを捧げるしか出来ない自分がいます

一緒に御献杯されていただき

ありがとうございました

けして忘れない

今一度何が出来るかを問うきっかけを戴きました


~mayumi~


「旬彩 ・ 天司朗」
釧路市川上町3丁目3-3 舟見ビル 1階
 0154-25-6286

福島のお酒が沢山置いています
大将の料理もとてもおいしいです
大将も女将さんもとても気さくで素敵な方です

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://510k2.blog55.fc2.com/tb.php/223-bf9b2b9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。